なーまんのEye-Level

写真とつぶやきの貯蔵庫

湘南です31 徐福伝説の郷でジンギスカン〜♫

f:id:na-mansan:20200607130244j:plain

神奈川県秦野市にやって来ました〜♫
本日のミッションは3つvvv (^。^)

まずは富士山バックで秦野盆地全景!

f:id:na-mansan:20200607130408j:plain

富士山雲に隠れてしまいました(−_−)
マスクして山道登って来たのに・・・
はずせば良いのに、ついクセで(^_^;)

f:id:na-mansan:20200607130609j:plain

気を取り直して次のミッション (^。^)

めん羊の里・木里館(めんようのさと もくりかん)

羊の放牧は去年終了しましたが・・・

f:id:na-mansan:20200607130743j:plain

テラス席でジンギスカン定食を頂きますv^_^

f:id:na-mansan:20200607130903j:plain

野菜の上に肉をおき蒸し焼きにして・・・
色が変わったら食べごろです(^。^)

f:id:na-mansan:20200607131009j:plain

この辺一帯は秦野市曾屋といいます。
今は羊も牛もいませんが、昔は蘇屋といって古代のチーズ「蘇」を作っていたそうです。

f:id:na-mansan:20200607131134j:plain

蘇は律令時代は税として納められ、雲上人しか口に出来ない高級品でした。

秦野でこれを作っていたのは「からこさん」と呼ばれる人たちでした。

f:id:na-mansan:20200607131313j:plain

乳牛通り(ちゅうしとおり)の他に醍醐道もあります。
まだ醍醐味を味わったことがありませんが、こちらも乳製品。

からこさん達は徐福の子孫と称していました。

f:id:na-mansan:20200607131620j:plain

徐福は秦の始皇帝の命を受け・・・
不老長生の霊薬を求めて東の海に船出!
大船団で弥生時代の日本にやって来た!

という伝説があります。

f:id:na-mansan:20200607131728j:plain

徐福一行は九州の佐賀に上陸!
紀伊の熊野の山中で富士山を発見!
今の山梨県富士吉田の辺りに定住しますが・・・
西暦800年の富士山大噴火で秦野に移住!
その後藤沢市に御引越し(^。^)

 

徐福の子孫と称する「福岡家」の伝承は以上m(_ _)m

f:id:na-mansan:20200607131943j:plain

秦野の「からこさん」は「蘇」を作る「蘇民
倭人はミルクを飲まない稲作漁労の民ですが・・・

日本の神様は遊牧民の格好をしています(・_・)

なぜか?

f:id:na-mansan:20200607132157j:plain

こちらは成田空港の隣「芝山古墳群」
「胡人」とはあごひげが長い人という意味!
胡人の特徴がよくわかる埴輪ですね^_^

f:id:na-mansan:20200607132311j:plain

元や清を「征服王朝」といいますが秦も胡人が支配する帝国だったようです。

弥生時代から古墳時代にかけて、日本で何があったのか?

鍵を握るのは「四隅突出墳丘墓」とともに日本に上陸したスサノオだと思っています。

スサノオが徐福だとは思っていませんが・・・

f:id:na-mansan:20200607132950j:plain

明治六年「井之明神社」は上乳牛の加羅子神社」と下乳牛の八幡神社などが合祀され「曾屋神社」となります。

 

加羅子神社」の祭神は恵比寿様(・_・)

 

確かに「胡」エビスとも読みますね(^-^;

次回は同じ秦野にある「関東の出雲さん」から!

出雲には行けないもので(^_^;)